純セレブスピーカーを作ってみました

以前、お客様からゆずり受けたVAIO PCでしたが、結構厳しいPC能力でした。

一時期、処分も考えたのですが、数年前、ネットサーフィンで偶々見つけたVortexBoxを導入してストリーミングサーバーにする方法があるとわかりインストールしました。そして物置の隅に邪険に扱われていた、かつてのコンポーネントのスピーカーをつなぎ、キット販売されていた数千円のデジタルパワーアンプを繋いで、自宅で楽しんでいました。

今でも大事に取ってありますが、とても場所を占有するプリメインアンプ。当時は何万円もして気合を入れて購入したのですが、今ここにある手のひらサイズの数千円のデジタルパワーアンプとの音の違いが判りません。もちろんそれほど立派な耳は持ち合わせていませんが、デジタルパワーアンプの能力の高さに時代を感じていました。

さて、最近気になっていたのが、純セレブスピーカー でした。
100円ショップ ダイソーで300円(税別)で販売しているUSBスピーカーを高級スピーカーに変身させるのです。本当にすばらしい音に変身するのか自分の耳で聴いてみたくて製作してみました。

もちろんダイソースピーカーそのままでも、アンプ内蔵なので、PCに繋げれば聞くことができる超チープな優れものです。しかし、その超チープスピーカーを純セレブスピーカーに変身させた途端、出てくる音が変わったのにはさすがに驚きました。

段ボールに紙屑をほり込むだけなのに、いったい今まで聴いていたスピーカは何だったのか? さらには、この軽さです。

片岡氏が言いいます。
『「音波を発生する機器」ではなく、音楽そのもののような、生き物としてのスピーカー』

興味のある方は一度お試し下さい。
キットも販売されていますが、自分で製作しても、半田ごてが使える方なら簡単です。

さぁ、このコンポーネントのスピーカーは、どうするかなぁ。

 

counter