支障木

伐倒されたシラカバ
7月に入って、2年前の洪水の悪夢を思い出させるような長雨が続いています。梅雨前線が北海道の南側に停滞しているそうですが、これって、梅雨ですね。どうして未だに北海道には、梅雨が無いといえるのでしょうかね。

日本各地で大雨の影響が出ていて、今日も、中国・四国地方が大変な状況になっているニュースを知りました。日本の周りの海水温の上昇が、極端な気候になっているのでは?と思うのですが、被害がこれ以上広がらないことを心から願っています。

そんな7月ですが、前月の6月は日本で一番気温の高い町になった日もあった新得町。天気の良い暑い日も続きました。そんなある日に、以前から気になっていた敷地内の林地の木を4本、枝を数本切りました。

普段、気になる樹木の枝打ちはするのですが、伐倒はできればしたくないので先延傾向があって、それで今回の伐倒する木の中には、とうとう30年ぐらいのシラカバの木が含まれていました。伐倒時に樹木が出す音、好きにはなれません。

それにしても、ここまで樹木が大きくなるまでの時間を考えると、伐倒する時間は、あっという間です。もちろん感謝して我家の燃料の薪にさせて頂こうと思います。

ただ、
ここから薪に変身するまでは、まだまだ時間がかかりそうですが・・・。

counter