いつものミズナラの木

何日ぶりでしょうか。
今日は天気が良く暑い一日となりました。駐車場周辺の伸びた草を刈り、全然先が見えない薪作り等、環境整備に費やした一日でした。でも、体力もないので、しょっちゅう休憩です。

樹液を吸うクワガタと蝶そんな休憩時間。

『そういえば』

と、駐車場脇にあるいつものミズナラを見上げました。

このミズナラ、まるで内地のクヌギの木のように、近づくと甘い香りがします。それでなのか、毎年夏になると、この木にはクワガタやカブトムシ(どちらもとても小さいです)をはじめ、蝶や蜂が数多くへばりついています。

ミズナラの樹液を吸うクワガタずーと天気も悪く気温も低かった新得。
昨日まで静かだったこのミズナラでしたが、気温が上昇し天気の良かった今日は、蝶やクワガタがへばりついていました。そしてもっと暑い日が続くと、北海道に居なかったはずのカブトムシがどこからかやってきてこの木にへばり付きます、そうすると、あらあら、クワガタはほとんどいなくなります。というものクワガタの場所をカブトムシが占領してしまうんです。いったい、どこへいってしまうのかなぁ。

これからますますにぎやかになる木ですが、雑食性のスズメバチも居ます。もし、来店の際に観られる機会がある場合には、充分注意くださいね。

counter