ラーメン屋かそれとも喫茶店か

かつての貧乏学生は、ラーメン屋のラーメン一杯と喫茶店のコーヒー一杯の値段がほぼ同じだった頃、少し財布の中身が膨れると、腹を満たすか、心を満たすか、悩んだそうです。

最近、私事で関東方面に行く機会が増えました。ある時、チェーン店ではない喫茶店で、ブレンドコーヒーを注文すると一杯500円でした。(ちなみにビーワイルドではブレンドコーヒー400円)なかなかよい値段です。とはいえ、以前は同額だったラーメンとコーヒーは、現在の北海道内では、結構な差が開けられています。さらに内地のラーメンに比べて高額に感じるのは北海道ブランドなのでしょうか。ラーメンが弊店のコーヒーの倍くらいはするのは当たり前かもしれません。

八景堂のラーメン

八景堂のラーメン

ところで、以前たまたま入店した神奈川県にある京急の金沢八景駅の近くのラーメン屋『八景堂』さんは、親父さんと奥様(でしょうか)お二人で切り盛りされている十席足らずのカウンター席だけの小さな店でした。近頃、コッテリ系のラーメンに胸がもたれる年齢になってしまっていたのですが、ここのラーメンは見た目ホントシンプルなのですが、アッサリしていて食べやすくて感動しました。十勝からはあまりに距離があるので何かの機会がないと来店できませんが、ワンコインでラーメン一杯食せることもあって、すっかりファンになってしまいました。

それで十勝に、そんなラーメンないかなぁ。と思っていたのですが、大抵、どちらかというと動物系エキス充満のスープのラーメンにあたります。(そういえば、今もあるのか?バターラーメン)それで、あまりラーメン屋さんに足が向かないのですが・・・。

『灯台下暗し』

らー麺こぶしのラーメン

こぶしのラーメン

清水町市街の国道38号線沿いに、(八景堂のラーメンとは違うものの、)優しいスープのラーメン屋さんがありました。

『らー麺こぶし』さんは、十勝ではまだまだ知名度はありませんが、札幌で営業後、惜しまれつつも移転されたようです。なんとオーナーさんの趣味が高じて、知り合いのない清水町に店を構えるようになったバイクを愛するライダーさんです。

北海道を巡るライダーさんは是非オーナーさんと情報交換しませんか。もしやサプライズがあるかもしれません。

北海道十勝清水に来られる際は、一度試してみて下さい。

counter