台風の進路に向かって右側、左側どちらが被害が大きい?

台風の進行方向に対して右側は「危険半円」で左側を「可航半円」といい、一般的に右側の方が被害が大きくなることが多い。
■参考 危険半円 と 可航半円

温帯低気圧の性質が強くなってる台風の場合、構造が崩れていて危険半円、可航半円といった台風の常識が通用しにくくなり、特に大陸に優勢な高気圧が存在し、台風の速度が速い場合にこの傾向が強くなる。
■参考 台風は進路の左側より右側のほうが暴風が激しいといいます。し… – Yahoo!知恵袋

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。
counter