選挙で投票する時、字を間違えたら

消しゴムが認められていない場合は、一本線や二本線で消して書き直す。(抹消する際、抹消する文字を見えるようにしておく)

書き間違いを理由に、新しい投票用紙を請求する。(書き損じの投票は「汚損票」として処理され、引き換えに新しい投票用紙が交付されます。これは、公選法が認めています。)

ちなみに、難しい漢字の場合、分からなければ、ひらがなで書く。

■参考選挙で投票する時、字を間違えたらどうしますか? – 消しゴム置… – Yahoo!知恵袋

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。
counter