7月10日 投票にいく前に

『実際、自分なりに調べて投票しようという学生は、かなり少数派だと思います。家で政治の話はしないし、親に「この問題に対してどう考える?」と聞かれないまま大学生になったという子が多いでしょう。
(略)
もちろんシールズの活動を評価しているし、いいと思いますが、あれができるのは大学生の数%。「今の若者はあんな感じ」と勘違いしてはいけません。
』(湯浅誠)

あんな感じでない若者も投票はできます。
自分の五感をフルマックスして悩んで絶対に投票しましょう。

『この国の47都道府県で本気で
具体的な実践を生き始める男や女が
各県に10人づつで集い その470人で、日本は変えられる』(三宅洋平)

三宅洋平【選挙フェス 7月7日】SEALDs 奥田愛基「1/470 Party People」

コメントの入力は終了しました。
counter