WindowsXPでsvchostのCPU占有率が100%

Windows XP でWindows自動更新をONにしていると、CPU占有率が100%になってPCの動作が非常に悪くなる。(2013年夏あたりから症状発生)

根本的解決ではありませんが「Automatic Updates」を停止します。

  • スタートメニューをクリックし、コントロールパネルを開く。
  • 管理ツールをクリック。
  • コンピュータの管理をクリック。
  • サービスとアプリケーションをクリックし、さらにサービスをクリック。
  • 画面右側にサービス一覧が表示されるので、Automatic Updatesを右クリックし、プロバティをクリック。
  • スタートアップの状態が、”自動”になっているので、これを”無効”にする。
  • サービスの状態が開始になっている場合は、停止ボタンをクリック。
  • PCを再起動する。

12 月公開分の IE の累積更新プログラム(KB2898785)を単独でインストールしてみると、運が良ければCPU占有率100%が解放されます。

(参考)

シェアする

フォローする

counter