冬の薪がそろいました

薪小屋

毎年ほぼ2年分の薪を、ストーブが点火される秋までに確保しています。しかし、今年はつい最近まで、単年度分の薪の確保しかできていませんでした。それで、家の周りの林の中の間伐で出た木やら枝やら、はたまたボケた製材等々薪に出来そうなものは薪にしたのですが、やっぱり薪小屋を埋める事ができませんでした。

今年は、これで仕方ないかなぁ。と諦めていたところ、そんな貧弱な薪小屋の見たのか、有難いことに、山を所有する叔父が、畑拡張の為切り倒した木を軽トラックで運んでくれました。

正直、ミズナラ、カシワの高級品?は皆無でしたが、ハルニレが若干ありました。ということで、ほとんどがすぐに燃えてしまいそうな木ばかりですが、それでも何とか薪小屋が薪でいっぱいにすることが出来ました。

来季は、もうちょっと火もちする木を集めなくちゃ!と、積み終わった薪小屋を見て思うのです・・・がね・・・。

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。
counter