記事一覧

トラネコのタマ

テスト投稿

ファイル 274-1.jpg

可愛いニャンコですね。
残念ですが、タマじゃないんですよね。

タマカレンダー 2012

ファイル 259-1.jpg

「来年の年賀状をどうしようか。」
 と、考えていました。
人間様ではないので喪中葉書もねぇ。

「転んでもタダでは起きない。」

という訳で、今回はカレンダーを作りました。
一部300えんで販売します。

売上の一部は印刷屋の支払いにいきます。

え? では、残りの部分は?

それは、もちろん我家の生活費に。

生前、彼にはそれなりに営業活動も頑張ってもらったのですが、
それ以上に我家の生活費を圧迫してくれましたからねぇ。

ということで、
ちょっとばかり、回収を・・・。

続きを読む

コメント一覧

非公開 (12/31 14:09) 編集・削除

管理者にのみ公開されます。

バイバイ

                  僕、
このたびこの地を離れることとなりました。
猫神様が、そろそろこっちに来いと言うので行くことにしました。

約12年間、皆様 お世話になりました。
可愛がって頂き、ありがとうございました。

周りでは、「90歳は超えているはずだ。」
と、勝手な事を言っておりましたが、
本当は年齢ばかりじゃなく、
出生地も名前も、何にも誰も知らないですよね。
よくまぁ、こんな得体の知れぬ者を(いや猫を)受け入れてくれたものです。

これも、まだ5歳だったフラワーシスターズ2号が、
「飼うー!」
と、駄々をこねてくれたおかげです。
予想はしていたもののろくに世話もせずで、
挙げ句に、彼女はネコアレルギー。
結局、僕の召使いの中心はとうちゃんとかあちゃんになりましたが・・・。

いやほど召し使われた二人、
しばらくは、いつも元気なかあちゃんもメソメソしているでしょうし、
酢昆布のようなとうちゃんも、
かなり噛まれすぎの都こんぶのようになっているでしょうね。

が、皆さんの元気な顔と、会話を聞かせに顔を見せてやって下さい。
そうすりゃ、復帰の速い二人ですから大丈夫でしょう。
ファイル 242-1.jpg
僕は、お気に入りの 「タマの小道」の脇の土の中にしばらくいます。
でも、少しずつ、そこから離れて、
かあちゃんの手入れする花達の中や、
とうちゃんの植えた木々達と共に
ここを見守っていきますので御心配なく。

まぁ、そうしてそのうち、
思い出したくても、
「あの時、どうだったっけ?」
と、少しずつ忘れ去られて行くでしょう。
それが人間のようです。
で、それでいいんじゃないかな。
僕は元来ベタベタされるのが好きでないのでね。

今少し心配なのは、
これで、僕の魅力で会いに来てくれていたお客さんは
離れていくのでしょうか。

きっと、とうちゃんなら
「まぁ、それもしゃーないなぁ。看板に偽り有りの店やな。
でもええやんけ、美味しいコーヒーの飲める喫茶店やし。」
と、訳のわからんこと言うんでしょうね。

ビーワイルドは
タマの看板のある、
タマの居ない喫茶店になりました。

ファイル 242-2.jpg
バイバイ。

コメント一覧

ちから (07/13 10:19) 編集・削除

タマ、召されましたか・・・

周囲には媚びないけれど、心の深いところではしっかりと繋がっている、といったスタンスが好きでした。

タマが土から植物へと時を経て移っていく様子は、近くで見守られている、といった感じがして、心がどこか温かくなります。

土に帰っても変わりなく過ごしてね。

BE Wild URL (07/14 06:19) 編集・削除

ちから兄チャン コメントありがとうございます。

その次の日は、
涙も打ち消されるほどの大雨でした。
土に帰っていく前に、
水没するのではないかと冷々ものです。

見守られているというより、
まだ、
見守っている方かもしれません。

まぁ、未だ召使その一というところでしょうかね。

ダイエットに成功?しました。

ファイル 240-1.jpg

かつては、「新得大山猫」と呼ばれ、
体重が6Kg以上あったのですが、

春になって、体調を崩して、食欲不振になって
気がつくと今では半分以下の体重です。
これはちょっと、体重減り過ぎです。

後ろ足には、いつのまにやら軟骨ができて、
歩くのが辛くなっていたのです。
が、さらに左足は力が入らなくなって、
とうとう歩くことがままななくなりました。

獣医の先生の話ですと、
人間の年ならすでに90歳は超えているそうで、
「目を見てごらん」
そう、そこには長生きの勲章の茶色い模様がありました。

皆さんに見せてあげたいその勲章。

「老猫要介護状態」ですが、
それでも、内蔵は元気。
後ろ足が、元気になれば150歳ぐらい充分手に届くことでしょう。

まぁ、それも
父ちゃんと母ちゃんの
介護次第かな。

近頃の私

ファイル 239-1.jpg

ここ数日は、寒い日が続いております。
普段なら、焚かない薪ストーブを焚いてもらいました。
それで、その周りで寝ておりました。

でもその前までは、
とても暑い日だったので、
この場所で寝ておりました。
下はフカフカで、上には屋根があるので、
この場所は非常に過ごし易いのです。

それに、周りは一斉にお花も咲いて賑やかです。
残念なのは、だんだんと目が霞んでいるようなので、
そんな感じなのです。

しばらく入院しておりました。

ファイル 238-1.jpg

私、食欲がなくなって、
しばらく入院して点滴生活を送っておりました。

すっかり下半身が衰えて、
体重もかつては6キロほどあったのですが、
今では4.5キロまで落ちて貫禄もありません。

まぁ、かなりのおじじになったので、
それはそれなりかもしれません。
現在自宅静養中です。

ご主人様には、入院費の方で多大な迷惑をかけることになり、
足を向けられません。

と、言いつついつものように寝ております。

そして皆様には、あまりお愛想できなくて申し訳ないです。

秋が長ーい

ファイル 222-1.jpg

冬の準備はお済みですか。

新得はここに来て太陽さんが元気です。
すっかり庭の紅葉も終わったのですが、雪の気配がありません。
サホロのお山では、
今週末のオープンに向けて、毎夜の降雪機出動です。

で、私は薪ストーブの番で忙しいです。

春から夏へ

今年初めて草刈りをしました。
セイヨウタンポポの花の黄色が白い綿毛に変わり、
ダイオウが勢力をつけだしました。
ウバユリがニョキニョキと伸びだしてウバユリ畑ができそうです。
ビーワイルドはクサダラーケ共和国にあい成りました。
ファイル 202-1.jpg
人間の方もかなり御老体になりつつあるものの、我家の刈払機の方もかなりの御老体です。
なんとか、もうしばらくは働いて頂きますよう今年もお願い申し上げて、エンジンをスタートさせました。
今年も、順調に機嫌良く稼働してくれました。一安心です。

2日間の格闘の結果、かなりクサダラーケ状態は解消されましたが、なにせペースが年を追うごとにスローダウウンしておりますので、まだまだ刈り残しがあります。
ファイル 202-2.jpg
でもまぁ、今回はこれで良しという事で、タマにも了解を頂いた次第であります。
気分よく、お気に入りの場所でくつろいでおります。

マタタビでもあるのでしょうか。
それにしても、この場所に来ると
酔っぱらったオッサンになるのです。

留守番ご苦労様

ファイル 196-1.jpg

タマちゃん
留守番、ご苦労さま。

関西はどこも満開の桜でしたよ。
人も沢山いましたね。

ここは、桜はまだまだですね。
シャッター通りの街なので
人も見当たりませんねぇ。

雪解けはかなり進んだと思うのですけど、
本当に、静かですねぇ。

春はまだか?

ファイル 194-1.jpg

薪ストーブの煙突の横から離れられません。

ページ移動